法人化のメリットとデメリット

事業を行っていく上で、法人化した方が良いという話を良く耳にします。

 

では、どんな点で個人事業よりも勝っているのか比べてみたいと思います。

 

法人化のメリット

  • 会社としての信頼度がアップする
  • 決算月を自由に設定できる
  • 資金調達がしやすい
  • 経営者、経営者家族が社会保険に加入できる
  • 所得を分け、節税対策が出来る

 

法人化のデメリット

  • 業績に関係なく、法人税を納税しなければいけない
  • 法人設立費用がかかる
  • 法人の資金を勝手に使用することができない
  • 交際費に制限がある

 

事業の規模にもよりますが、ある程度の利益を上げているのであれば、法人化したほうが何かとお得です。

 

ただし、利益が出ていなく、計画性がない状態で法人化することはお勧めしません。

 

将来的なビジョンがしっかり見えている事業者は、法人化した方が良いと思われます。


このページの先頭へ戻る