いつ会社設立すれば良いのか?

会社設立をする時期をいつにするのが良いのかは、各事業主さんの状況によって異なります。

 

つまり、会社設立をするとなると決算期が決まってきます。例えば、3月を決算月にしたい場合は、4月1日〜3月31日までの1年間を事業年度ということになります。

 

その時期があまりにも忙しい場合には、決算期をずらした方が無難です。取り組んでいる事業によっては忙しい時期が変わってきますので、なるべく時間が取れる時期を決算月にするのも一つの手です。

 

また、決算期を3月や12月にしている事業主が多いので、そこをズラすというのも一つの手です。税理士事務所もこの時期は忙しいので、多くの事業主の決算に追われます。そのため、ミスをしてしまう可能性があるためです。税理士も人間ですのでミスをしてしまうのは仕方のないことですが、事業主からしてみれば死活問題になりかねません。

 

そのためにも、税理士が比較的時間の取れる時期を決算期とするのもアリだと思います。

 

売り上げが多い時期を決算期にする

売り上げが多い時期を決算期にする事業主さんも多いです。なぜなら、その売り上げを経費として使うことが出来るためです。経費を使えばその分、節税効果になりますからね。

 

こんな考え方も

ある程度、事業の見通しが付いている状況であれば、「思い立ったときが設立の時」ということもあります。

 

「いつか会社設立をする!」といった感じで、「いつか」という言葉を使っているうちは、なかなか実現しないものです。考えもブレてしまうものです。それならばやる気のあるうちに、自分を追い込んでしまうのも一つの手でしょう。

 

相続静岡

 


このページの先頭へ戻る