どの税理士にお願いすれば良いのか?

税理士の決め方は人それぞれです。何を重要視するのかによって変わってきます。

 

経験豊富な税理事務所に頼む

経験豊富な税理事務所にお願いするのは1つの手です。しかし、経験豊富であるということで、チェックミスが起こったりすることが考えられます。

 

また、年々、税に関するルールが変わっていきます。そのルールに対応できていないことがあります。一昔前のルールよりも今のルールの方が得をするのに、それを知らないために、余分な税金を払ってしまう可能性があるのです。

 

若い力に期待する

若い税理士の場合、やる気はありますし、最新の税理事情を良く知っている可能性が高いです。ただし、経験が浅いため、税制面での引出が少ないことは否めません。経験不足があだとなる可能性があります。

 

また、事業主にとって一番避けたい「税務調査」。

 

この税務調査に対しても経験不足が弱点となってしまう可能性があります。また、若いがゆえに威圧感がなく、税務署のスタッフに押されてしまう可能性があります。

 

全てをカバーしている大きな事務所に頼む

一番良いのは、経験豊富なスタッフも若手のスタッフも取り揃えている大きな税理事務所を選ぶということです。こうすることで、互いの弱点を補うことが出来ます。

 

また、大きな税理士事務所は受けている案件も多いため、多種多様な業種に対応できることが魅力です。もし、不測の事態が発生したとしても、必ずカバーしてくれます。

 

浜松会社設立

どの税理士にお願いすればよいのか?記事一覧

会社設立は自分で行うことが出来ます。しかし、事業立ち上げの忙しい中、自分で多くの書類を集め、適正に記入し、関係各所に提出するのは、なかなか難しいことです。そういった時には、税務のプロである税理士にお願いすることをおススメします。会社を立ち上げた後も、税務の事を行わなければいけません。そんな時には、会社立ち会え前から税理士が関わっているとどのような税務状況になっているのか判断がしやすく、税理士からし...
ズバリ、税理士とは「あなたの仕事のパートナー」です。税理士は、あなたの会社内で動いている金銭の流れを全て把握している存在です。なので、強い信頼関係で結びつく必要があります。会社を運営していたとしても、お金の流れが苦手という方は非常に多いです。その部分を税理士が変わって処理を行うのです。なので、非常に大切な存在になるわけです。ということからも、信頼のおける税理士をパートナーに選ぶかどうかで、会社の経...

このページの先頭へ戻る