税理士との関係

ズバリ、税理士とは「あなたの仕事のパートナー」です。税理士は、あなたの会社内で動いている金銭の流れを全て把握している存在です。

 

なので、強い信頼関係で結びつく必要があります。

 

会社を運営していたとしても、お金の流れが苦手という方は非常に多いです。その部分を税理士が変わって処理を行うのです。なので、非常に大切な存在になるわけです。ということからも、信頼のおける税理士をパートナーに選ぶかどうかで、会社の経営状況も変わってきます。

 

また、税理士は、多くのお客様を抱えています。つまり、同じような業種のお客様もいるわけです。成功例も失敗例も数多く見てきているのです。

 

なので、様々なアドバイスをして入れます。

 

逆に、アドバイスを全くしてくれない税理士には要注意です。また、話を適当に合わせている税理士にも要注意です。

 

良い税理士というのは、良く話を聞いてくれ、厳しくても的確なアドバイスをしてくれる人のことを言います。

 

なので、多少ぶつかり合いがあるくらいの税理士の方が良いのです。

遠くより近く

何事にも言えることですが、「遠くより近く」です。

 

通える範囲に税理士がいると、税務関連で悩みがあった時にはすぐに相談することが出来ます。

 

また、遠くに税理士がいると、税理士によっては仕事をしてくれないこともあります。必要最低限以外。

 

会社の外部パートナーでもある税理士の役割は非常に重要にもかかわらず、毎月の顧問料だけ払って、何も仕事をしてくれないではお話になりません。

なるべく大きな税理士事務所にお願いをする

なるべく大きな税理士事務所にお願いをすると良いでしょう。

 

まず、事務所が大きいということには理由があります。実績を残していて、多くの顧客を抱えているためです。

 

顧客を多く抱えているということは、あなたがやろうとしている事業と同じような事業を見てきています。

 

同じような事業での成功例や失敗例も数多く経験しています。

 

それらを教えてもらえば、あなたの事業も成功しやすくなるのです。

関連ページ

税理士の選び方
「税理士の選び方」は「静岡で会社設立ために知っておきたいこと」内の記事ページです。

このページの先頭へ戻る