税理士の選び方

会社設立は自分で行うことが出来ます。しかし、事業立ち上げの忙しい中、自分で多くの書類を集め、適正に記入し、関係各所に提出するのは、なかなか難しいことです。

 

そういった時には、税務のプロである税理士にお願いすることをおススメします。

 

会社を立ち上げた後も、税務の事を行わなければいけません。そんな時には、会社立ち会え前から税理士が関わっているとどのような税務状況になっているのか判断がしやすく、税理士からしてみても、適正なアドバイスを送りやすくなるのです。

 

なので、会社を立ち上げる予定があるのであれば、まず税理士に一声かけ、自分の事業が上手くいきそうかどうかのアドバイスをもらうと良いでしょう。

 

信頼できるかどうか?

 

やはり信頼できる税理士にお願いする必要があります。

 

どのような税理士が信頼できるかというと、いつ連絡しても真摯に相談に乗ってくれ、いい加減なアドバイスをしない人です。

 

それって当たり前のことではないのか?と思われるかもしれませんが、実は横暴な金儲け主義の税理士も少なくはありません。取りあえず帳簿を付けて、確定申告をする。お客の会社がどうなったとしても、事務作業をしていただけだからと責任を一切負わない。そういった税理士はいるのです。

遠くより近く

何事にも言えることですが、「遠くより近く」です。

 

通える範囲に税理士がいると、税務関連で悩みがあった時にはすぐに相談することが出来ます。

 

また、遠くに税理士がいると、税理士によっては仕事をしてくれないこともあります。必要最低限以外。

 

会社の外部パートナーでもある税理士の役割は非常に重要にもかかわらず、毎月の顧問料だけ払って、何も仕事をしてくれないではお話になりません。

なるべく大きな税理士事務所にお願いをする

なるべく大きな税理士事務所にお願いをすると良いでしょう。

 

まず、事務所が大きいということには理由があります。実績を残していて、多くの顧客を抱えているためです。

 

顧客を多く抱えているということは、あなたがやろうとしている事業と同じような事業を見てきています。

 

同じような事業での成功例や失敗例も数多く経験しています。

 

それらを教えてもらえば、あなたの事業も成功しやすくなるのです。

関連ページ

税理士との関係
「税理士との関係」は「静岡で会社設立ために知っておきたいこと」内の記事ページです。

このページの先頭へ戻る