なぜ会社設立をするのか?

会社を設立するメリットは多いのですが、ここでは2つの大きなメリットを紹介したいと思います。

 

節税対策がしやすい

 

良く言われることですが、節税対策をしたいのであれば、個人事業ではなく会社にした方が良いと思います。

 

個人事業の場合には、所得税を納めるようになります。所得税は累進課税制になっているため、所得が多くなれば多くなるほど税率が増えていきます。

 

会社の場合は法人税を納めるようになります。法人税は一定なので、収入が増えた減ったは関係なくなります。

 

また、会社の場合、赤字の場合は法人税を納めなくても良くなります。無理やり赤字にすることはありませんが、万が一赤字になっても法人税を納める必要がないので、その分気が楽になるでしょう。

 

信頼性がアップする

 

事業を行う上で重要なのは「信用」です。個人事業に比べ、圧倒的に会社にしていたほうが信頼性が高まります。もし、あなたが社長だったとして、「個人と会社」どちらに仕事を頼みたいと思いますか?

 

両方が同じ能力であった場合、間違いなく「会社」を選ぶでしょう。

 

会社は組織であり、継続性があります。

 

また、「個人の仕事は受けません。会社にしてから声をかけてください。」

 

そういった会社は実は多いのです。そんなことで、大きなチャンスを逃してしまう可能性があるということなのです。ですから、もし、今の状態よりも売り上げを伸ばしたい、もっと大きな仕事をしたいと考えているのであれば、会社設立したほうが何かとお得です。

 

ジェルネイルのスクール・学校情報ナビ


このページの先頭へ戻る